贈り物にもプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、特殊な液体に付込み、加工をして生花の水分を取り除き、着色をして枯れにくく、長持ちをさせるようにした花です。最近は、長持ちして枯れないので、贈り物にも選ばれるようになりました。また、結婚式やパーティーなどの会場の中や、新婦のブーケ、ウェルカムボードなどに飾られる事もありますので、目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。生花と間違われるほど美しく、着色を施していますので鮮やかに彩られています。また、このプリザーブドフラワーを作りたい方も増えてきて、教室もあるほどひそかなブームになっています。花を使った飾りと言うのは多く、また儚く枯れてしまうので、残念に思う事もありますが、このプリザーブドフラワーを使うことで花や花を使った飾りなどを長く楽しむことが出来るのは嬉しい限りです。

プリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工を施してたもので、みずみずしくやわらかい質感のまま長期にわたり楽しむことができます。歴史はまだ浅く日本に定着してきたのも最近のようです。同じ生花を利用したものにドライフラワーがありどちらも自然な草花の風合いを楽しむことができます。しかしドライフラワーは生花を乾燥させているため壊れやすく色落ちも目立ちますが、プリザーブドフラワーは一旦水分を抜いた後に特殊な染料を吸わせているので生の質感と鮮やかな色が特徴で色落ちもしにくいです。そのため普段に飾るのはもちろんイベントで使われたりプレゼントに最適となり人気が高まっています。結婚式のブーケとしても良く利用されています。しかし特殊な加工に手間や時間を費やす必要があるために値段が高く、生花よりも数倍の値段がする傾向にあります。

プリザーブドフラワーとはどんなもの

プリザーブドフラワーと言われても、「それ何」ってなるのではないでしょうか。ドライフラワーとも違う、新しい感覚の花の正体になります。このプリザーブドフラワーは、生花のままと言う感覚を残したもので、その花の美しさを残し、更には長い期間において目を楽しませてくれるように作られたものになります。ドライフラワーと間違いがちですが、全く別なものになっています。ドライフラワーは、花などを乾燥させて作られたもので、多くの方は既にご存知のことでしょう。しかしプリザーブドフラワーは、花にある樹液を抜き、その樹液の代わりに特殊な染料を流し込みます。更に乾燥させる方法を取っていますので、ドライフラワーとは違ったものになっています。そのためドライフラワーより長持ちすることはもちろんですが、もっと自然に見えることが特徴になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*