プリザーブドフラワーの魅力について

プリザーブドフラワーは生花と比較して手入れがとても簡単です。水やりや肥料をやる必要はなく、高温多湿の場所や直射日光が当たる場所を避ければ長期間の保存が可能です。種類にもよりますが、大体数か月~1年保存できます。また、プリザーブドフラワーは創造する楽しみが最大の魅力です。たとえば、生花では存在しない色にアレンジすることや、花の種類の組み合わせを自由に決めることなどが可能です。市販の手作りキットもありますので、初心者の人でも手軽に始めることができます。さらに、プリザーブドフラワーは非常に軽量で、生花独特の花粉や匂いがありません。入院している方へのお見舞いの品や、結婚式での贈り物としてたいへん喜ばれます。リースやブーケにしたり、ブローチにアレンジしたりと様々な活用ができ、アイディア次第で素敵な演出をすることができます。

大切な花をプリザーブドフラワーにしましょう。

記念日や、イベントなどで、大切な人にもらった、大切な生花をずっと保存しておきたいと感じたことはありませんか?写真に撮ったりして、残されている方も多いでしょう。そのような方にお勧めしたいのがプリザーブドフラワーです。色合いも大きく変わることなく、形はそのままに、状態を保存することが出来ます。見るたびに、当時の嬉しかった気持ちがよみがえり、幸せな気分にさせてくれるでしょう。プリザーブドフラワーの教室も各地で開催されていますし、道具がないという方はインターネット通販でも気軽にキットを購入することが出来ます。特に難しい技術は必要なく、初心者の方でも簡単にできるのが、プリザーブドフラワーのメリットではないでしょうか。贈り主も、長い間大切にしている様子を見れば、心温まること間違いありません。大切なメモリーを、綺麗なまま残したいという方は、ぜひお試しください。

プリザーブドフラワーを飾ろう

今、プリザーブドフラワーが人気になっています。プリザーブドフラワーは生花や葉を特殊な液体に漬けて水分を抜いた状態にした花のことをいいます。見た目には生花のような色合いと美しさがありますが、生花とは違って長くその状態を保つ事が出来るので飾っていても大変美しいものになります。そんなプリザーブドフラワーがお部屋にあるだけで、部屋全体を明るく見せてくれてとてもきれいです。花がお部屋にあるだけで、とてもリフレッシュした空間に変身させてくれます。存在感たっぷりで、お水を与える必要もないので生花よりもお手入れが簡単です。また花粉の心配がないので花粉症の人にもおススメです。結婚式やプレゼントなど様々なシーン使用する事が出来るのでおススメです。飾っても大変美しいですし、贈り物としても大変喜ばれる花になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*