たくさんの良さがあるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーの、生花との大きな違いは、やはり長持ちするという事です。生花はもちろん美しいですが、すぐに枯れてしまうものです。枯れていく姿はなんだか寂しく、悲しい気持ちにもなります。しかし、プリザーブドフラワーであれば、保存環境が良ければ、いつまでも飾っておくことができます。手入れをする面倒もなく、気軽に部屋に飾ることができます。飾ることで、素敵な空間を演出することができます。花粉などのアレルギーがある人にも、おすすめです。生花よりも価格は高いのが一般的ですが、いつまでもその美しさ見て、楽しむことができます。贈り物としても、人気があります。小さな箱やガラスなどに飾られるなど、様々なアレンジがされています。女心をくすぐるような商品がたくさん販売されています。コンパクトで、場所をとらない物が人気があります。

友達のお母さん手作りプリザーブドフラワーのブーケ

数年前に友達が結婚しました。友達のお母さんはとても器用な方で、なんと友達のウェディングドレスを手作りしてくれたそうです。また、友達の持つウェディングブーケと新郎のブートニアもお母さんの手作りだそうです。お母さんは本当に何でもできる人だそうですが、フラワーアレンジメントは習ったことがなかったそうです。しかし、自分でネットでプリザーブドフラワーを購入し、ネットで作り方を見ながら作りあげたのです。友達の結婚式当日に見せてもらったらとっても素敵なプリザーブドフラワーのウェディングブーケでした。わたしも自分の結婚式の時にその友達のお母さんにプリザーブドフラワーのウェディングブーケを作ってもらったらよかったです。またわたしもそのお母さんを見習って、誰かが結婚する時に手作りのウェディングブーケを作ってあげたいです。

プリザーブドフラワーの特長と鑑賞期間の長さ

プリザーブドフラワーのメリットは、長持ちする点です。一般的な花の場合は、それほど長持ちしない傾向があり、せいぜい1ヶ月程度しか持たせる事ができないケースも少なくありません。となると花を受け取った側としては、それを鑑賞できる期間が短くなってしまいます。ところがプリザーブドフラワーの場合は特殊な加工が施されていて、簡単には枯れないのが特徴的です。以前にある方が親戚に対してそのフラワーをプレゼントしたことがありました。その花は相当な期間長持ちし、2年間経過しても依然として元気に咲き誇っていました。まさかそれほど長く咲き誇ることができるとは想定していなかったので、お花の受け取り手としては驚いていた事があります。もちろん一般的なお花の場合は、2年間持たせる事は不可能です。長持ちしてくれるお花だけに、その分鑑賞期間が長くなるのが、プリザーブドフラワーのメリットという訳です。

プリザーブドフラワーは、水をあげる必要がなく、手間がかかりません。 主力商品は、ローズドーム「http://www.aubejp.com/arrange.php?A=d&id=1111&scope=1&p=1」とプリザーブドフラワー胡蝶蘭アレンジ「http://www.aubejp.com/special.php?A=kochoran」です。 ブリザードフラワーをお求めならここ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)